楽天ふるさと納税 第4位 エンペラーサーモン

現在、楽天ふるさと納税の「人気のお礼の品ランキング」を見ると、第4位に、北海道白糠町の返礼品「エンペラーサーモン」がランクインしています。


200127-楽天ふるさと納税.jpg

 こちら >> すべてのお礼の品 総合ランキング|楽天ふるさと納税


北海道白糠町は、ふるさと納税業界(?)ではもうすっかりお馴染みの自治体ですが、この「エンペラーサーモン」については、実は、私は聞いたことがありませんでした。


 

 こちら >> 【ふるさと納税】エンペラーサーモン【1kg】


そこで、さっそく調べてみました。


ざっくりと言うと、「エンペラーサーモンとは、キングサーモンよりもさらに上質なサーモン」のことを言います。

「エンペラー(皇帝)」が「王の中の王(キング)」と呼ばれるように、“サーモンの最上位” と言ってもよいかもしれません。


その違いは、育て方にあるようで、
「より健康的に成長させるために、過密養殖を避け、より自然に近い環境で育てる」
のだそうです。


その特徴(育ち方)について、『ステ-キハウス B&M』のブログに、次のような記事が掲載されているのを見つけました。

通常のアトランティックサーモンの2倍以上の大きさで希少価値の高いサーモンです。独自配合でたくぱく質を多く含む飼料を与えたことにより、脂身ののった、しっかりとした身質の美味しさが特徴です。
(「エンペラーサーモンって何? | ステーキハウス ビーエム」より)


ステーキハウスのブログに載るくらいですから、食べ方(調理のしかた)としては、ややレアで “鮭ステーキ” にするのがおすすめとのこと。


 


まるで、お肉のような食べ応えなのだそうです。


寄附金額1万円で、“サーモンの中のサーモン” エンペラーサーモンが、たっぷり1kg届きます。


Twitterで話題 ルーレット式おみくじ器

岩手県滝沢市の特産品「ルーレット式おみくじ器」が、今、Twitterで話題なのだそうです。


 

 こちら >> ルーレット式おみくじ器(赤)
     >> ルーレット式おみくじ器(青)


コインを入れて、レバーを横に引くと小さく(固く)丸まった “おみくじ” が出てくるマシンで、(私の場合は)子供の頃、近所のラーメン屋さんに置いてありました。


 ルーレット式おみくじ器.jpg


それが今、Twitterで話題になっている理由は、この「ルーレット式おみくじ器」を “ふるさと納税で” 申し込んだ人の Twitter 書き込み記事が、バズっているからです。


 こちら >> 魔女っこれい loft でる さんのツイート


そこで、さっそく調べてみると、この返礼品を手に入れられるふるさと納税サイトは「ふるさとチョイス」であることが分かりました。

自治体(寄附先)は、このマシンを日本で唯一製作している『北多摩製作所』がある 岩手県滝沢市。


 こちら >> 岩手県滝沢市のふるさと納税で選べるお礼の品一覧 | ふるさとチョイス


寄附金額は 30,000円。

替え用のおみくじ付きですと 50,000円になります。


セレクトショップ東北」から直接購入すると 8,800円になる商品ですから、一応 “寄附金額の3割以内” のルールには収まっています。


このマシンを見て、「懐かしい!」と感じた方は、この機会にいかがでしょうか。




楽天ふるさと納税 北海道十勝産豚肉 4kg

年が明けて、楽天ふるさと納税のランキングを覘いてみたところ、(上位ランクに)昨年と比べて変動がありました。


 200103_楽天ふるさと納税.jpg


12月は、いつ見ても「ホタテ」「いくら」「あまおう」が上位を占めていて、「このままいつまでもこの状態が続くのでは」と思ったものですが、年が明け、ようやく変化がありました。

やはり12月は “かけこみふるさと納税” の影響が大きかったようです。


現在のランキングは、“お米” の返礼品が目立つように思われますので、寄附者の関心は “生活必需品” へと移りつつあると言ってよいでしょうか。


そして、そのような状況の中にあって、ひときわ異彩(?)を放つ返礼品がありました。


 


「北海道十勝産の豚肉 4kg 」です。


 こちら >> 【ふるさと納税】肉屋のプロ厳選! 北海道産の豚肉 スライス4kg盛り!!


自治体は、北海道中札内村


寄附金額1万円で、“高品質の北海道産豚肉” が4kg届くそうですから、かなり “お得” な返礼品です。


説明を読むと「7ヶ月待ち以上」と案内されていますので、実は、かなり前からランキング入りしていたのかもしれません。

上位の品ばかりに目を奪われていて、気が付かなかったようです。


これは、新年早々の “狙い目” かもしれません。